【業界歴15年から見た現場】2021年最新ゲーム業界事情

ゲーム業界全般

2021年3月26日 2021年7月3日

2021年は前年に引き続きコロナ禍真っ只中の世の中になりました。
当然ゲーム業界も影響を受けているのですが、
他の業界に比べると好調な成績を残す会社も多くあります。

今回は、2021年の最新ゲーム事情を現場目線からお伝えしたいと思います。
ゲーム業界にいる方、これから就職を考えている方
どちらにも有益な情報となるようまとめておりますので、
ぜひ最後までご覧ください。

他業種に比べてコロナに強いゲーム業界

あsdf

業界売り上げ編【コンシューマー】

あsdf

任天堂の強さが際立った1年

あsdf

PS5発売と供給不足

あsdf

重なるコンシューマーゲームの発売延期

あsdf

業界売り上げ編【スマホ】

あsdf

ウマ娘のスマッシュヒット

あsdf

モンストの復活、その他大手タイトルは苦しい状況

あsdf

働く人々編

テレワーク化の定着

ゲーム業界においてもテレワーク化が普及してきました。
スクウェアエニックスなどは、コロナ禍前からテレワークの準備をしてきたとのことで、
以下のような表明もしています。

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下当社)は、現在運用している在宅勤務の態勢を2020年12月1日より正式に制度化し、役員および全職種の社員を対象として運用を開始します。

この制度は、今般の感染症対策のみにとどまらない恒久的な制度として当社の就業体系の中心に位置づけるものです。これにより柔軟かつ多様な就労環境を実現し、さらなる生産性の向上およびワークライフバランスの最適化を目指します。

ニュースリリース スクウェアエニックス

ぽっこら

ぽっこら

一般企業→映像業界→ゲーム業界 業界歴は15年以上になります。 ゲーム業界に入りたい方、ゲーム業界で転職したい方の参考になれば幸いです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP